スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

塗り壁、珪藻土、左官

こんにちは アトリエ・サーバス 久富です。
今回は近頃終わったリフォームから 塗り壁のご紹介です。

阿久津様②

写真は玄関ホールなんですが 天井と壁を塗り壁で仕上げました。
写真では分りずらいですが とても芸術的な仕上がりになり お客様もご満足!
ちょっとグレーの珪藻土に なんと柿渋という顔料をまぜながらの施工でした。
それに刷毛目を波状にウェーブしました (現物を見せられないのが残念)

阿久津様①

中古マンションのリフォームだったのですが 予算の関係もあり
洋室、水廻りはクロスの張替え ただ リビングと玄関ホール、廊下はどうしても
塗り壁にしたいとの事でした。

P1050083.jpg

いつも 終わって思うのですが クロスの張替えの部屋はただ綺麗っぽくなるだけで
ビニールの質感は変わりません
それに比べると珪藻土の部屋はマット(艶消し)な質感が中世にきたみたいでほんと
何とも空気が変わってしまいます。 (写真でもよく見るとわかります クリックしてみてください)
やはり 手塗りの良さとマット感はビニールクロスでは出ません。

DSC_0002.jpg

写真の上は天井と壁を塗ったばっかり しっとりっと

PS.弊社は左官業では有りませんが 建物をトータル的にデザインし施工する工事店です。
  この塗り壁は、これからの内装デザインを考えていく上でホント不可欠だと思っています。 
  日本の左官業も、もっと枠を超えて もっと進化していけると思っています。 
  まだまだこれからです

DSC_0145.jpg

スポンサーサイト
13:38 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。