スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

クオリティー オブ ライフ

アトリエ・サーバスに久富です。

今年も最後のブログとなりました
1年はほんと早いものです 今年はほんとに中身の濃い1年でした。

来年や将来に向けて かなり充実した年かなという気もしています。

そこで今後のウチの社員含め一丸となって取り組んでいくものについて
書いておきたいと思います。

題名にも書きました クオリティー オブ ライフ です。

何かと申しますと 中身の問題でして 造り手の気持ちやメンタルがいかに
お客様に向かっているかという事です。

リフォーム工事の場合 どうしても新品にはなりません
その限られてるものの中で どうしたら気持ちや心が伝わるか
見た目だけでは無い ハートの問題です。


空間こそがライフです ・・すなわち生活そのものの質をいかに上げれるかと
いう問題です。

決して高価な物でなくても結構です ・・賃貸でも出来ますね
ちょっとした造り物が発する エナジーとでもいいましょうか
ダイニングテーブルの天板だけ、パインの無垢板に交換するとか
(今度 料理の写真と共にお見せしましょう)

下は施工事例の写真です
階段の腰壁を 木の手摺に変えました 自然オイルのやさしい手触りです。

ヨガなどを習わせてもらっていると分るのですが 呼吸法です
住まいや空間にも 呼吸があります

いかに大きく呼吸ができるか

※(くれぐれも言っておきますが 広い、狭いとか 古い、新しいは関係ないのです)
トイレ付ユニットバスでもいいのです。


CSC_0092.jpg
DSC_0009.jpg
CSC_0093.jpg

生きる事 生活する事は魂の呼吸です  生活が喜びに満ちてほしいと思っています。
是非 感じてください。

PS.来年は2010年ですか 2012年までは時間はたっぷりありますね

   あせらずいきましょう 皆さまからのお電話を首を長~くして社員一同でおまちしておりますので


   今年は本当にありがとうございました。





スポンサーサイト
10:30 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

無垢板のデザインテーブル製作 開始

 アトリエ・サーバスの久富です。

ご無沙汰しておりました  やはり師走は何かと忙しいといいましょうか
これもあれもという感じで バタバタやっております。

年明け リフォームや新築戸建てのお客様との打合せも有るので
年内に工場の事務所スペースの拡張をば と 計画しておりました所

あれやこれや と普段考えていた 試作品やら 新しい珪藻土やらと

やりだしまして 年の瀬の今頃になってしまいました。





テーブルDSC_0038


という事で上の物が、何を作っているかと言いますと


ばば~ん
無垢板の巨大テーブルでございます サイズは900*1800


テーブルCSC_0054


これは どうしても今後 新しいチャレンジとして外せない所でして
自然素材リフォームや注文戸建て、でNo1になる以上 必要なアイテムでございます。

かっこいいですよね


やはり木の良さです
それにデザイン、シンプルだけど力強さが伝わる形です。


テーブルCSC_0062


更にこれを うちは高く売りません!! 

通常の家具屋さんなんかでは 20万~30万という暴利な値段がついてます。

もうそんな時代はさっさと終わらしたいものです。
うちとしては自然素材住宅に住みたいお客様には 半額でお出しするつもりです。

それが 工事店のスピリットといいますか 心意気ですよ。



   またしても 突き進んでいきますね
   きっと 終わりなんかないんだと思います。
   導かれるままのが 一番自然なんだと思います。
   現実、私も木の家に住むのが夢です。
   それは、みんないっしょなんだと思っております。
   だから 頑張り続けます。
   

PS.マイケルジャクソンの映画を見ました。
   真摯な姿勢に感激しました。
   すばらしいの言葉しかありません
   生きるという事はビートなんだと思いました。
   
   そこに裏拍も入って 楽しめる環境
   それが、地球そのもののような気もします。
   
   本当にいい映画でした。



 

18:40 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

チェッカーガラスはGOOD

こんにちは アトリエ・サーバスの久富です。

下の写真は何の写真でしょうって?

昔 結構有りましたよね

そうです ガラスなんです。
チェッカーガラスという化粧ガラスなんですね。

生井様 ⑤


下の様に リビングの扉のはめ込みガラスなんですね。
すごい おしゃれですよ  
夜がイイですね ほのかな明かりが特に良いですよ。

生井様 ③

ただ 今は日本のガラスメーカーではどこも取り扱っていませんでした。

かなり探したのですが 当の昔に扱ってないとの事でした。


そこで感じたのが なぜ? WHYという疑問でした。

日本のメーカーは合理化と大量消費ばかりで、利幅の少ない商材は切り捨てて
いくようです。
物作りの面白さや洒落た感覚など みじんもありません
まあ・・・なんと 日本の建材メーカーの価値観の低い事か・・・

生井様 ⑥


今回は輸入品をお客様に探してもらいました
さほど高くはありません 

たかが ガラスですが 遊び心が必要です。
それは 気持ちの余裕に繋がります。

生井様 ②

やっぱり ハンドメイドのやさしい住まいがいいですよね。
珪藻土の塗り壁に無垢フローリング、とタイルの温かい感じですよね


生井様 ④


もう新築マンションのような ツルツルテカテカの 張りぼての時代も終わりです。
よくお分かりでしょう

本田様 予告
 

しかし あれですよ
実際 私の住んでる家は木の住まいではありません
塗り壁でもありません
安藤忠雄さんと一緒で普通の狭い家です
だからですかね 使命感のようなものを感じるんですよね この仕事には!
でも 私も将来は木の家に住むのが夢です 
1歩ずつ歩んで行くしかないですよね


PS.今後は上の写真の様な 色による住まいの解放といいますか
   新たな分野も勉強していこうと思っております。
   風水や山岳信仰など いろいろな自然の力やパワーの源を

   まあ 風の吹くまま 気の向くまま 山を越えていきますよ うちは




12:21 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。